ホーム SUPとは 空撮 水中撮影 ギャラリー お問い合わせ

Mobile Phone
mh  090-9844-2251 高橋
090-3216-7444 村山
News & Events
・2015.6.1
よみうりテレビ放送 ゴルフ中継で空撮が放送されました。

・2015.4.1
当社設計開発のケーブルカム
「StraightLine」のProシリーズ発表
さらに軽く強くなりました。
搭載カメラも範囲が広がり最大2kg程度まで対応出来ます。

・2014.10
新型完全オリジナルフレームの
900クラス中型機を導入。
より安定度が増しました。
360度撮影、
ズームコントロール付き機体です
・2014.09.17
ケーブルカム「ストレートライン」公開
ビデオ公開しました。
・2014.6
埼玉県・飯能市
ゴルフ場 18H コース空撮
・2014.4
よみうりテレビ放送 ゴルフ中継で空撮が放送されました。
・2013.11
中型ヘキサコプターに3軸ブラシレスジンバル搭載
・2013.11
BS朝日ゴルフ中継
HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP in 霞ヶ浦コース紹介空撮を担当

同、HPのコース紹介空撮

同、インターネット中継内コース紹介空撮を担当
・2013.09
3軸ブラシレスジンバル搭載の動画撮影装置を導入
・2013.7-9
ゴルフ場18ホール撮影
・2013.6
2軸ブラシレスカメラジンバル搭載の中型ヘキサコプター導入
・2013.5
よみうりテレビ放送 ゴルフ中継空撮
・2013.4
山口県立山口高等学校
同窓会映像で空撮
・2013.4
新型のカメラ防振装置を導入。
中型マルチコプターの設計開始
・2013.4
規模の大きな撮影のために
空撮専門業者と業務提携。
・2013.4
日本テレビ放送網 ゴルフ中継
ワールドレディスチャンピオンシップ
サロンパスカップ空撮
・2013.3
千葉県・富里ゴルフ倶楽部空撮
・2013.2
SUP受注開始
・2012.8
SUP初の空撮実施
・2012.7
SUP 本格始動
・2012.02
SUP 準備開始

 
SUP設計開発のオリジナル ケーブルカム
 
ストレートラインプロ(Straight Line Pro)
 
Straight Line

SUP設計開発のオリジナル ケーブルカム

「ストレートライン(Straight Line)」
  

2点間にケーブルを張りリモートコントロールで左右に移動しながら撮影する機材です。
最大200メートルの距離を移動出来ます。

本体下部に3軸ブラシレスジンバル(カメラ安定装置)を搭載します。
ストレートラインは、DJI社のRONINシリーズとの接続用コネクターを準備していますので比較的安価に安定した映像でパンチルト共に自由度の高い映像制作を行えます。

搭載カメラは、ジンバルの性能次第ですが、Goproサイズから最大4Kg程度のカメラまで自在に対応します。

リアルタイムで撮影映像を確認出来ます。
搭載機器によって、カメラで収録、ワイヤレスでHD映像を伝送し、スイッチャーに入力など、現場に合わせる事が可能です。(要相談)
人の歩く程度のスピードから時速30km/hまで自在にコントロール。

特に、ストレートラインプロは走行音がほぼ無いため、クラシックコンサートやスタジオ収録でも違和感なくご使用頂いています。

ドローンとケーブルカムを組み合わせ様々な映像制作にお使い頂けます。

詳しくはお問い合わせ下さい。

ストレートラインプロのテスト時の映像を近日公開致します。
(2017.04現在)


 
今まで費用のかかる空撮や水中撮影は、気軽に使う事が出来ませんでした。
これからは、SUPにおまかせください。
映像のプロと操縦のプロが、ノウハウと経験を生かし制作協力致します。
 
 
実機ヘリ、クレーンカメラ、マルチコプターにはそれぞれ特徴が有ります。
今まで不可能と思われていた空域を埋めるマルチコプターによる撮影で映像表現の枠が広がりました。また、設置・撤収の時間が短く運搬も比較的簡単な撮影機材です。
普段使いが出来る空撮を目指し、オリジナル機材を開発し各種番組や企業様からのご依頼で使用頂いています。
天候にも寄りますがマルチコプターの撮影範囲は離陸場所より概ね100メートル程度の半円形させて頂いています。
 
 
番組制作のノウハウと経験をそのまま空撮・水中撮影で生かします
ただ単に撮影だけを行う会社ではありません。
もちろん空撮・水中撮影のみのお客様も多数いらっしゃいますが、企画・構成・演出・編集とそれぞれのプロがおりますので、トータルでの発注が可能です。
商業スチールカメラマンも用意しています。ポスター制作からパンフレットや写真集まで様々なシーンでご利用頂けます。
空撮では、飛ばす事の出来る人(操縦者)が撮影するというより撮影のプロ(カメラマン)が飛ばしていると思って頂ければその仕上がりに自ずと差が出て来る事がお分かり頂けると思います。SUPの操縦者は、普段から撮影のノウハウを徹底的に叩き込まれ様々なシチュエーションに対応できる準備をしています。また、操縦技術を上げるために都下にSUP専用のフライトエリアを確保しテストやデモフライトを行っています。
撮影は、ビデオ、スチール共に原則として操縦者とカメラマンのツーマンで行い、リアルタイムで撮影映像を確認しながら行います。

デモフライトは、お気軽にお問い合わせ下さい。都合が合えばいつでも無料で行っています。実際に飛んでいる様子を見ないと分からないですから・・・
デモリールも併せてご覧頂ければと思います。→ ギャラリー
 
 

SUPの空撮・水中撮影の考え方は、あくまで撮影のための機材としてのマルチコプターであり水中撮影です。
技術進歩の早い特機の世界で、常に最新機材を開発、テストをし現場に導入するよう心がけています。
マルチコプターの設計、開発を独自に行っていますので、既製品で対応できない機材も準備可能です。
(生中継可能なFPU搭載のマルチコプターの設計など)

金額についての詳細は、こちらをご覧ください。

 
 

元々制作会社スタッフとラジコンエンジニアの集合体であるSUP。
現在もスポーツ中継や企業VP、CMなど多岐にわたる映像制作を行っています。
空撮や水中撮影のみのお客様はもちろん、企画、構成、撮影、編集、MAと完成まで一貫した制作体制で映像制作を行っています。
商業プロカメラマン、デザイナーもおりますので、ポスター撮影、デザインも承っています。

 
 

渋谷区に事務所を持っていますので、打ち合わせやデモ飛行など何度でも短時間で可能です。もちろん撮影は全国対応しています。
撮影に欠かせないロケハンや出張費用は頂きません。
実質、撮影機材費+人件費(別途 実費交通費・宿泊代・雑費)のみです。

         
         

Home / SUPとは / 空撮 / 水中撮影 / ギャラリー / お問い合わせ
copyright ©2012 SUP all rights reserved.